柏市しいの木台の小児科・アレルギー科

皮膚のトラブル

小児の皮膚

小児の皮膚

小児期の皮膚は大人と比較して薄くて繊細であり、皮膚のバリア機能も安定していません。皮脂の分泌量も不安定なので、角質の内側の水分が蒸発しやすく、細菌や有害物質が皮膚の奥にまで侵入し、皮膚トラブルが起こりやすいのです。そのため、しっかりとスキンケアを行い、皮膚バリアを整えることが重要となります。

丁寧な診療を心がけています

当クリニックでは、こうした小児期の皮膚疾患について、お子様一人ひとりの症状を適切に見極め、丁寧な治療を心がけております。また、非常に繊細なお子様の皮膚が細菌などに感染するリスクを減らすため、必要となる肌ケアの方法などもアドバイスいたします。

このような症状の方はご相談を

  • オムツの当たるところに赤い発疹が出てきた
  • 全身に小さな赤い発疹や水ぶくれが出来た
  • 皮膚にほくろ、あざ、おできがある
  • お口の中に発疹があり、痛そうにしている
  • 髪をかき分けて頭皮を見ると、白いポツポツが付いている
  • 全身に小さい発疹があり、体温が上がっている
  • 皮膚を痒そうに掻いている
  • 虫に刺された部位が腫れ上がっている
  • など

主な疾患・症状

汗疹

汗疹は、皮膚に細かい水ぶくれや湿疹が現れる病気です。汗をかいて肌が不潔になりやすい夏に多く、小児にはよく見られます。赤い丘疹が生じて痒みや軽い痛みを伴うタイプ、小さな白っぽい水ぶくれができるタイプなどがあり、見た目は常に同じという訳ではありません。汗疹の治療にあたっては、症状に応じてステロイド外用薬や抗生剤を用います。あせもの再発を繰り返さないためには、通気性の良い服を着用し、汗が出たらシャワーで流すか、こまめに拭き取るように心掛けることが大切です。

とびひ

とびひは、皮膚への細菌感染によって発症し、人から人へとうつる病気です。掻きむしった手を介して水ぶくれがあっという間に全身へと広がるのですが、この様子が火事の火の粉が飛び火する様子に似ているため、「とびひ」と呼ばれるようになりました。とびひには水ぶくれが生じるタイプと、かさぶたができるタイプの2種類があります。治療にあたっては、主に抗菌薬を使って細菌を退治します。また、必要に応じて抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、亜鉛華軟膏なども用い、痒みや炎症を抑えます。とびひは、ひどくならないうちに治療を始めると、より早く治せます。

おむつかぶれ

オムツかぶれは、おしっこやうんちに含まれるアンモニアや酵素によってオムツ内の皮膚が刺激され、お肌がかぶれてしまう病気です。赤いブツブツやただれが生じ、痒みや痛みを伴います。但し、アトピー性皮膚炎などとは異なり、オムツの当たっていない部分に炎症が起こることはあまりありません。オムツかぶれが起こったときは、洗面器にお湯を張って患部をよく洗ってから、ワセリンや亜鉛華軟膏を塗ります。症状がひどいときは、ステロイド軟膏によって痒みを抑えることもあります。

水いぼ

水いぼは、2~5㎜ほどの丸くて小さい良性いぼが幾つも出来る疾患です。全身の至るところに出来ますが、特にわきの下や陰部など、身体の柔らかい部位で多発します。幼児から小学校低学年の児童に発症することが多く、特にアトピー性皮膚炎の方は注意が必要です。水いぼは伝染性軟属腫というウイルスに接触することで感染しますので、人から人への移ることもあります。しかし、ちょっとした事で罹患してしまうほど確率の高いことではありません。何もしなくても半年〜2年で自然治癒します。美容的な問題が生じる場合や拡大予防目的で治療をご希望される場合には、他院へ紹介いたします。

蕁麻疹

蕁麻疹は、ヒスタミンなどの物質が出てきて皮膚にみみず腫れのような症状が起こる疾患です。かゆみを伴うことが多いため皮膚を引っ掻いてしまう方もいますが、余計に症状が悪化しますので、注意しましょう。食品などによるアレルギーが原因で起こることもありますが、お子さんの場合は疲れや寝不足など体の抵抗力が低下したときにも良く起こります。治療の中心は薬物療法で、多くの種類があります。薬の効果には個人差がありますので、どの薬が効果的なのか見極めることが大切です。

PAGE TOP
PAGE TOP
  1. 047-311-2525
  2. WEB受付
診療科目
小児科、アレルギー科
住所
〒277-0945 千葉県柏市しいの木台5丁目25-7
アクセス
東武野田線 高柳駅、新京成線 五香駅
駐車場
駐車場16台分有
休診日:土曜午後、水曜・日曜・祝日
乳幼児健診、予防接種(時間予約制)
診療時間 日祝
9:00-12:00
14:00-15:00
15:00-18:00